看護師のパート・アルバイトをするには?

看護師のお仕事は、おいそれと簡単にはできません。繰り返しになりますが人の命を預かる職業ですから、確かな知識と経験が必要となります。つまり、看護師になるための「資格」が要るわけです。
看護師の資格には准看護師、専門看護師、認定看護師、訪問看護師などがあり、それぞれ国家資格で試験は年に1度行われています。この試験を受けるためには、文科省か厚労省が認めた教育機関(専門学校・短大・4年制大学など)で所定の教育を受け、単位を取得しなければなりません。
「国家試験……?」「受験資格……?」とどうしても身構えてしまうかもしれませんが、資格試験に関しては合格率が毎年90%を前後しているというデータが示すように、しっかりと取り組みさえすればまず落ちるようなものではないのです。
では次の段階です。「資格を取ったはいいけどやっぱり現場は不安」「昔資格を取ったけど結婚して辞めて以来のブランクが長いから……」という人もいるでしょう。
このように資格を持っているが自信を持てない人も大丈夫です。パート・アルバイトの求人をよく見てみると、各病院施設でしっかりとした「教育制度」がある場合が多いのです。パート・アルバイトの中で研修をしながら実務をこなしていけるように工夫がされています。今、人手が欲しい病院は「看護師の資格を持った人」を探しています。逆に言えば資格さえ取得している人は病院からの引く手あまたの存在なのです。


Copyright© 2010 求人雑誌に載らない看護師のパート・アルバイトのお話 All Rights Reserved.